債務整理にはどのような種類がありますか?

質問

債務整理をしようと思っています。債務整理にはどのような種類がありますか?また、多重債務があり、長期にわたって返済しています。債務整理をすると利息の整理もできなくなったり、少なくなったりするのでしょうか?

答え

多重債務の債務整理の種類

債務整理とは、いわゆるし借金整理になります。債務整理は、「任意整理」「特定調停」「個人版民事再生」「自己破産」と4種類あります。それぞれ、メリット・デメリットがありますので、その人の債務の状況、条件などに応じて、解決方法を探すようにしましょう。
債務整理には、自分自身で手続きなどを行うことができますが、やはり法律などがからんできますので、できれば、司法書士や弁護士などの専門家に依頼するほうが、手続きがスムーズに進むでしょう。
何か所からも借金をしていて多重債務になっている人は多くいます。借りた場所によっては、取り立てなどが厳しく精神的にダメージを受けている人も多くいます。場合によっては、自殺してしまう人もいます。このような状態になる前に、解決できるようにしましょう。

利息制限法 グレーゾーン

利息は、「出資法」と「利息制限法」とあります。消費者金融などでは、出資法が適用されていて利息上限が29.2%となっています。
しかし、利息制限法では、利息の上限が10万円未満の場合年20%、10万~100万円未満の場合18%、100万円以上の場合年15%と決められています。これを超える利息は支払う義務はありません。出資法で決められた利息で貸し出しをした場合、刑事罰がありますが、出資法以内の利息で貸し出しをしていても、罰則はありません。
利息制限法と出資法で決められた利息の差の部分を「グレーゾーン」といわれています。大体の消費者金融は、このグレーゾーンの利息で貸し出しをしています。このグレーゾーンが過払いの部分になりますので、債務整理を行った際、この部分を元金に入れたり、今後の支払の利息に当てたりすます。

フィード