特定調停について知りたいのですが、どのようなものですか?

質問

多重債務があり、債務整理が必要といわれました。債務整理には、任意整理や特定調停など色々な種類があるようなのですが、どの方法が自分に向いているかわかりません。なるべくお金をかけずに債務整理できる方法はありますか?

答え

特定調停は比較的安価でできます

特定調停は、債務整理の中でも安価でできる方法です。任意整理は、裁判所を使わないで行う債務整理ですが、この特別調停は裁判所の力を使って行う債務整理なのです。ですから、債務者が裁判所に赴いたりしなければいけません。しかし、債権者と話し合ったり交渉するのは、調停委員ですので、債務者本人が交渉することはなく、専門的な知識はそれほと必要になりません。
特定調停は、利息制限法を使い、払いすぎた利息を元金に当てたりして債務を圧縮し、大体3年で返済しなければいけません。長期間に渡って返済している人ですと、かなりの利息を払っていることがあります。上手くすれば、債務がなくなることもあるのです。しかし、過払いの分は、任意整理と異なり返還を求めることが難しいでしょう。
特定調停は、申し立てから約1カ月ぐらいで支払が開始されます。他の債務整理と比べて比較的早く決着がつく方法になります。
また、手続きをしている間は、支払いがストップしますので、その間、お金の余裕ができます。

特定調停のデメリット

特定調停は、裁判所が間に入って行う債務整理ですので、調停が成立してから支払が終わるまで、きちんと支払いをしなければいけません。もし、支払いができなくなってしまうと、給与の差し押さえなど強制執行手続きが取られてしまいますので、注意が必要です。
また、特定調停が行われると、ブラックリストに掲載され、新規の借金やクレジットカードを作ることはできなくなります。

フィード