任意整理とはどのような債務整理方法ですか?

質問

多重債務があり、返済が非常に厳しくなってきています。できれば、家族や周りの人に内緒で、早く債務整理を行いたいと思っています。誰にも知られずに、短期間で債務整理を行う方法に任意整理というものがあると聞いたのですが、どのようなものか教えてください。

答え

任意整理とは?

任意整理とは、債務整理方法のひとつです。
裁判所などを使わないで法律の専門家(弁護士や司法書士)に依頼して、債権者に直接交渉していきます。
交渉して、今まで支払ってきた払いすぎの利息を元本に入れたり、今後の支払の利息をカットしたりして、債務を圧縮します。
長期間にわたって、返済している場合、かなり多く支払っている場合があります。そして、圧縮した債務を基本3年ぐらいで返済します。

任意整理は専門家に依頼しましょう

直接、債務者に交渉しますので、法律の専門家に依頼した方がいいでしょう。債権者は、それなりに債務のことや、法律の知識を持っていたりします。まったく法律などを知らない素人ですと、逆に言いくるめられてしまう可能性があります。また、多重債務ですといくつもの会社と交渉しなければいけませんので、それだけでも大変です。
多重債務で、債権者から取り立てや督促など受けていて、精神的にダメージを受けている人もいると思います。しかし、任意整理の手続きをすると、このような取り立てが止まります。また、交渉に決着がつくまでは、支払いも一時的にストップしますので、この間にお金をためることもできるのです。
裁判所などを通さず行い債務整理ですが、やはりブラックリストには掲載されます。新しい借金やクレジットカードを作ることはできなくなります。
家族には内緒にしているようですが、弁護士や司法書士などの法律の専門家には、債務の内容を詳しく、隠すことなく話しましょう。隠し事をしていると交渉も上手くいかなくなってしまいます。

フィード