自己破産するとどうなりますか?

質問

多重債務があり、返済ができない状態になっています。多重債務を解決するために、自己破産を考えているのですが、自己破産をするとこれからの生活がどう変化するのでしょうか?あまり、いいイメージがないので、自己破産していいものか悩んでいます。

答え

自己破産するメリット

自己破産をするとこれからの生活が不安という人が多く、イマイチ踏み込めない人が多いのではないでしょうか?自己破産すると「人生がもう終わった」など悲観的に思う人がいますが、自己破産という制度は、国が人生をやり直すしために作った制度なのです。もし、返済ができない状態に陥ってしまったら、自己破産する手もひとつの方法です。
自己破産してもそれほど大きな変化はないと思います。逆に債務がなくなり、取り立てなどに悩ませることがなくなります。また、日常生活に必要な家財道具などを手放したり、選挙権がなくなることはありません。
住民票や戸籍に自己破産したことが掲載されることがないので、プライバシーを守ることができるのです。
自己破産をしてもそれほど大きなデメリットはありません。自分で申し立てする方法もありますが、専門家に依頼する方法もあります。その場合、少しでも早く専門家に相談して、自己破産の手続きをした方がいいでしょう。

自己破産するデメリット

自己破産するとメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。
自己破産した時のデメリットは、自己破産の手続きが完了し、借金免除が決まるまで一定の職業に就くことができません。また、家財道具などの生活必需品は手元に残りますが、家や車などの財産は手放さなければいけません。
カード会社などのブラックリストに載りますので、カードの使用、新規に借金やクレジットカードを作ることが5~10年間できません。他にも国の法令公布の機関紙に氏名・住所・破産手続きした日時・裁判所などが掲載されます。
自己破産は、デメリットもありますが、取り立てに追われたり、借金に悩まされることもなくなりますので、精神的にはメリットが大きいのではないでしょうか。

フィード