団体信用生命保険って何ですか?

質問

現在、住宅ローンを支払っています。しかし、生活費が足りなくキャッシングをしています。数社から借りているので多重債務になってしまっています。もし、今、主人に何かあったら住宅ローンと多重債務の返済ができなくなってしまい心配です。

答え

団体信用生命保険をご存じですか?

住宅を購入するときに「団体信用生命保険」に加入していると思います。銀行などの民間ローンで借入している場合は、強制的に、公庫などから借入している場合は、任意で加入しています。
この団信の保険料は安く、加入年齢も関係ないので、お得な保険なのです。
まず、団体信用保険(団信)に加入しているか確認してみましょう。
この団信は、住宅ローンを返済している途中、一家の世帯主などの収入源が死亡したり、高度障害で働くことができなくなったときに、残りの住宅ローンを肩代わりしてくれる保険なのです。
ですから、もし、ご主人が死亡してしまったり、高度障害で働けなくなった場合は、保険料で支払いをしてくれるので、住宅ローンの借り入れがなくなることになります。

団体信用生命保険の保険料

団信の保険料は、銀行で借入している場合は、利息から支払われます。公庫からの借入の場合は、別に保険料を支払わなければいけません。保険料は、年間の返済額によって異なってきますが、保険料は安く、ローン残高が減れば、保険料も安くなるようになっています。
しかし、住宅ローンがきちんと返済されていなく、延滞していたりする場合、団信の契約がなくなってしまっている場合がありますので、注意が必要です。
特に、銀行などの民間ローンから借入している場合、返済の利息から保険料が支払われていますので、長期の延滞をすると、団信の契約が解除されてしまいます。
住宅ローンと多重債務と両方あるようですが、延滞などがないように頑張って返済をしてください。

フィード